感謝 もちつもたれつ

生き方

感謝 もちつもたれつ

幸福になるには「感謝する」気持ちをもつこと。

周りのすべてに「感謝する」気持ちをもてないと、
周りのすべてに「もっともっと」の気持ちがうまれる。

「もっともっと」の気持ちで、
与えられることばかりになってしまいがち。

 与えられたいとこは、まずは与えること。

感謝をすれば、感謝される。
感謝されたから、感謝するのではない。

与えれば、与えられる。

欲しい物を与えていれば、
欲しい物が与えられる。

欲しい物を求めてばかりだと、
与えられもしないどころか、
求められもしなくなる。

世の中の流れは、出してから入る。
すべては、出してから入る。

与えてから、与えられる。
与えられたから、与えるのではない。

  • ギブ・アンド・テイク
    与えて(Give)から、手にはいる(Take)。
    テイク・アンド・ギブではなく、むしろギブ・アンド・ギブの気持ち
  • 出入り口
    はじめに出ないと、誰もも入ってこれない。
    はじめに出しておかないと、何も入れられない。
  • もちつもたれつ
    もってもらってからもつのではなく、もってあげるともってくれる。

すべて、最初はこちらから。

情けは人の為ならず

人は「もっともっと」の気持ちで、
与えられることばかりの気持ちになってしいがち。

「情けは人の為ならず」

情けはその人のためのものではなく、
巡り巡って自分にかえってくるものなのです。

人の為を思っていると、
誰かが自分の為を思ってくれる。

まずは、すべてに「感謝する」気持ちをもつ。

「感謝は人の為ならず」

思いやりは人の為ならず

願いは人の為ならず

「幸福は人の為ならず」

はじまりは周りの為。

自分の為の幸福だけど、

自分の為ではなく、はじまりは周りの為。

 

 

 

 

ありがとう。

 

こちらこそありがとう。

 

error: Content is protected !!