「2015年までに首都圏直下型」「北海道大地震の後で」専門家が過去に発言していた予測は当たる? | ネットの事件ニュースなら – B.N.J

「私の研究では、近く富士山の噴火と同時に首都圏直下型の地震が発生します。というよりも、発生する必然性があります。日本海溝で発生したマグニチュード9クラスの地震が、東日本大震災を引き起こしました。これが日本海溝、伊豆小笠原海溝、相模トラフ、3つの海溝のバランスに影響して、首都圏直下型地震と津波発生の可能性が高まっています。この2年以内には起きるでしょう。

これは元前橋工科大学教授の濱嶌良吉氏が2013年2月に箱根で地震が頻発した際、週刊FLASHで箱根山と富士山の連動性、それに関東直下型の地震が「2年以内に起きる」と指摘していた発言です。

 

情報源: 「2015年までに首都圏直下型」「北海道大地震の後で」専門家が過去に発言していた予測は当たる? | ネットの事件ニュースなら – B.N.J

error: Content is protected !!