震災

“3号機原子炉 損傷の可能性”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島第一原子力発電所の3号機の建物から高い濃度の放射性物質が検出されたことについて、経済産業省の原子力安全・保安院は、「3号機では原子炉のどこかが損傷している可能性が十分にある」と述べて、『放射性物質を閉じ込める機能』が低下し、原子炉から放射性物質が外に漏れ出しているという見方を示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110325/k10014895461000.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す