合唱/音楽

めぐろパーシモンホールからメールきたから、とりあえず掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《公演のご案内》

「屏風(びょうぶ)と音楽―国宝 上杉本洛中洛外図屏風から生まれた音楽を聴く」

日時 2011年11月20日(日)14:30開場/15:00開演
会場 めぐろパーシモンホール 小ホール

出演 鈴木広志(サックス、フルート)、大口俊輔(ピアノ、アコーディオン)
   東保光(コントラバス)、 小林武文(ドラム、パーカッション)
※作曲のみ 大場陽子(作曲家)

《公演について》
安土桃山時代に活躍した天才絵師・狩野永徳が描いた国宝「上杉本洛中洛外図屏風」。

「洛中洛外図」とは、京の中と外の様子を描いた絵のこと。

※詳しくは、めぐろパーシモンホールのホームページのなかに楽しい解説があります。

http://www.persimmon.or.jp/information/diary/2176.php

この屏風を観た印象から、現代の若手音楽家たちがつくった音楽のコンサートです。
東京藝術大学出身のサックス奏者・鈴木広志をはじめとした、クラシック、ジャズ、
民族音楽などを吸収した音楽家たちが描き出す、屏風の世界をお楽しみ下さい。
また、屏風を所蔵する山形県の米沢市上杉博物館より、高精細写真版の実物大複製を
運んできてコンサート会場のロビーに展示します。
東京で見られるのはめったにないこと。
しかも、ケースがない状態で間近で屏風を観られる貴重な機会です!

**********

また、今回、関連企画として「音と絵のワークショップ」を実施しました。
コンサートの出演者と、ワークショップの参加者が音と絵のイメージを
キャッチボールして、巨大な絵の楽譜をつくりました。

※その時の記録はこちら(全3日間のワークショップの最終日です)↓
http://www.persimmon.or.jp/information/diary/2116.php

この巨大な絵のイメージから、4人の音楽家たちが新たに音楽を生み出し、
コンサートで披露します。こちらもお楽しみに!

**********

どんな音楽なのか、なかなかイメージがわかないことと思います。
ほんの一部分ですが、こちらにワークショップの時の演奏の様子があります。
作曲者によって印象がかなり変わりますので、それも楽しみに
ぜひご来場ください!

**********

★★今回メールをお送りする方に、チケットの割引をいたします★★
定価 一般3000円、学生(小、中、高、大、専門学校)1500円 のところ、
それぞれ10%を割引し、
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 一般2700円、学生1350円
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
にてご購入いただけます。
ご希望の方は、①お名前、②一般か学生か、③お電話番号、④メールアドレス
をご記入の上、タイトルを「屏風チケット申し込み」として下記アドレス宛に
送信してください。

persimmon-j@persimmon.or.jp

**********

《《 屏風をじっくり見られる!! 》》
コンサートの前日に屏風をじっくり観るプログラムがあります。
Aコースは小学生以上一般が対象です。
屏風を所蔵している米沢市上杉博物館の学芸員が、
楽しい観かたを教えてくれいます。
めったにないこの機会、まだ少々余裕がありますので、ぜひご応募下さい!
(Bコースは定員に達したため締め切りました)

申込方法などはこちら↓
http://www.persimmon.or.jp/event/1903.php

**********

みなさまのご来場をお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す