はりねずみのジレンマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はりねずみのジレンマ」をご存知でしょうか。

19世紀ドイツの哲学者、アルトゥル・ショーペンハウアーが生み出した寓話で、「やまあらしのジレンマ」とも呼ばれます。

刺々しい針をもちながらも、近づきたい。
でも、近づくと自分の針で相手をさしてしまうし、相手の針で自分も傷ついてしまう。

はりねずみのジレンマ。

それをテーマに、お絵かきお話しかきました。

はりねずみハリーのジレンマ

作 QP Jun

9393d7d2-43f6-42d6-9a70-77bf1e0cf292

気の優しい はりねずみの ハリー

彼は 何十本もの針で覆われていました

針は 敵から身を守ってくれます
針は 相手を刺すこともできます

でも 気の優しいハリーは 自分から刺すことはありません

いつも なにかから身を守り
いつも なにかを遠ざける

チクチクの針

 

自分の中と外を いつも区切っておくための壁
それは チクチクした 心の壁でもあります

 

ある日 ハリーは 同じ針をもつ はりねずみのメリーに出逢いました

ハリーとメリーは すぐに仲良く遊ぶようになりました
だって おなじチクチクの心の壁をもった はりねずみ仲間ですから

 

ある冬の夜 ハリーとメリーは寒さにふるえ
暖まろうと おたがい いつもよりも近寄りました

83bd8496-a99f-4d99-95e9-f96aff672eeb

近寄ったハリーとメリーは おたがいのチクチクの針がささり
ケガをしてしまいました

 

 

翌年の冬 また寒い夜がきたときです

ハリーとメリーは お互いを ささないように そうっと近寄りました
だけど そんなに離れていては 寒い夜には暖かくなれませんでした

31918288-3446-452d-acf1-2fc5315dc5fc

 

また翌年の 冬の寒い夜

こんどは

あたたかくなれる
ぎりぎりまで

お互いの
針がささらないように

お互いが
相手を気遣って

近寄りました

7d1e89a2-e274-4b89-a82a-b38080b74dfd

そうやって ハリーとメリーは それからの冬を
ずっと 暖かく過ごせるようになりました

出典:QP Jun Factory

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメントを残す