生き方

余裕と切迫 我欲と大欲 どうしてうまくまわらないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ae6d94c7f7fc3d2fb18ca2b244c7e9a8_m

余裕

余裕があると物事はスムーズに順調にまわるものです。

ギチギチで、ガチガチの余裕がない切迫した状態では、ものごとをまわそうとしてもギシギシしてしまうものですね。

なにが、余裕をなくしてしまうのか。

いそがしかったりするのもあるでしょう。

こうしたいのにこうならない、という葛藤もあるでしょう。

大きな原因は、それはきっと欲だとおもいます。

人が生きていくためには、欲は絶対不可欠です。

お腹がすいた。お金がほしい。きれいになりたい。立派になりたい。ほめられたい。などなど。

そういう欲で人は、おおきく成長していきます。
欲は人が生きていくうえで、とても大切なものです。

しかし、欲にはいろいろ種類があるのです。

我欲と大欲

自分だけがこうなりたい。

自分がこうしていたい。

自分がしあわせになりたい。

そういう自分のための欲望を我欲といいます。

きっと、我欲が、こうなりたいのにこうならないこうあってほしいのにそうならない。といった具合に自分の中の余裕やゆとりをなくしてしまい、結果ギシギシと上手く回らず、さらにこころの余裕をなくしていってしまうのでしょう。

余裕がなくなり、ゆとりもなくなり、せっぱつまって、さらに我欲が増長していくという、負のスパイラルの始まりです。

我欲の反対は?

みんなのための欲望を大欲というそうです。

みんなが楽しく、みんなが幸せになることを望んでいたのに、いつのまにか我欲が大きくなってしまい、上手く回らなくなってしまう。

大欲をわすれてしまうのですね。
こういうことってよくあります。

肝に銘じておきまっしょい!

大欲は無欲に似たり

  • 大望を抱く者は、小さな利益などを顧みないから、一見無欲のように見える。
  • 欲の深い者は、欲のために目がくらんで損を招きやすく、結局無欲と同じ結果になる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す