生き方

現代人にささる!アルフレッド・アドラーの言葉 「アドラー心理学」まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真出典:http://shamiller.net/phi030/docs/adler.jpg

共同体感覚(心と心のつながり)こそが最も大切だというところからはじまる、アドラーの心理学が、現在人にささる 

 

アドラー心理学の理論的な枠組みは、次の5つを基本前提として受け入れていることによって成立している。1.個人の主体性 2.目的論 3.全体論 4.社会統合論 5.仮想論

思想的な特徴としては、
1.他者を支配しないで生きる決心をすること
2.他者に関心を持って相手を援助しようとすること

アドラー心理学の特徴は、「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにある。

アドラーは、「自分に価値があると思う時にだけ、勇気を持てる」といっています。ここでいう「勇気」とは「対人関係の中に入っていく勇気」という意味です。

人は誰しも客観的な世界に住んでいるのではなく、自らが意味づけをほどこした主観的な世界に住んでいる。それがアドラーの考え方です。

アドラー心理学では「劣等感」は、マイナスのものではないととらえる。劣等感があるからこそ現状にたいしての欠乏感があり、それを克服してよりよい状態にありたいと思うからこそ成長ができるという考え。

人は「自分を変える」ことができる。起こったことをどう解釈するかは「ライフスタイル」(性格、思考パターン、人生観)で決まる。人は「ライフスタイル」を自ら選んでいる。いま選んでいるライフスタイルで不幸ならば、もう一度選びなおせばいいだけ。

 

自らの生について、私たちに出来ることは「自分の信じる最善の道を選ぶこと」。他者の視線や評価が気になる、他者からの承認を求めてやまない……これは本来、他者の課題であるはずのことまで「自分の課題」だと思い込んでいるからです。

人は他者から認められることで、自らの価値を感じ、自信を持つことができるからです。なぜアドラーは承認欲求を否定するのでしょうか。それは、「他者からの承認を求め、他者からの評価ばかり気にしていると、最終的には他者の人生を生きること」になってしまうからです。

「誰からも嫌われたくないし、他人から認められたい。自分と他者を分離するなんて無理!」と思われる方もいらっしゃるかと思います。哲人は「自由とは、他者から嫌われることである」と断言します。

何か起こったときに「原因」を探るのではなく,「これからどうするか」という目的に焦点を当てる。個人という単位全体で考える。細かく分析して心と体の対立などの見方をしない。人間は社会的動物なので,すべての悩みは対人関係から来ていると考える。

過去は変えられないが、「解釈」は変えることができる。承認欲求を求めず、「嫌われる勇気」を持つ。過去・未来ではなく、「いま」の連続として人生を捉える

アドラー心理学で一番大切な,理論的な考え方に「共同体感覚」があります。これはひとことで説明するのは難しいのですが,他者を仲間だと見なし,そこに「自分の居場所がある」と感じられるような感覚が共同体感覚です。

 

名言集

 

「よくできたね」とほめるのではない。「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。感謝される喜びを体験すれば自ら進んで貢献を繰り返すだろう。

 

苦しみから抜け出す方法はただひとつ。他者を喜ばせることだ。自分に何ができるかを考え、それを実行すればいい。

 

叱られたり、ほめられたりして育った人は、叱られたり、ほめられたりしないと行動しなくなる。そして、評価してくれない相手を、敵だと思うようになるのだ。

 

人の心理は物理学と違う。問題の原因を指摘しても、勇気を奪うだけ。解決法と可能性に集中すべきだ。

 

健全な人は、相手を変えようとせず自分がかわる。不健全な人は、相手を操作し、変えようとする

 

他人のことに関心を持たない人間は苦難の道を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑をかけることになる。人間のあらゆる失敗はそういう人たちの間から生まれるのです。

 

判断に迷ったら、より多くの人間に貢献できる方を選べばいい。自分よりも仲間たち、仲間たちより社会全体。この判断基準で大きく間違うことはまずないだろう。

 

「仕事で失敗しませんでした。働かなかったからです」「人間関係で失敗しませんでした。人の話に入らなかったからです」。彼の人生は完全で、そして最悪だった。

 

「暗い」のではなく「優しい」のだ。「のろま」ではなく「ていねい」なのだ。「失敗ばかり」ではなく「たくさんのチャレンジをしている」のだ。

 

あなたが悩んでいる問題は本当にあなたの問題だろうか。その問題を放置した場合に困るのは誰か、冷静に考えてみることだ。

 

子供にとっては 家族が世界のすべてなのだ。親に愛されなければ 死ぬしかない。だから子供たちは 全力で親に愛されようとする。そのときとった命がけの戦略がそのまま性格形成につながっていく。

 

幸せの三要素は 自分自身が好きかどうか。よい人間関係を 持っているかどうか。そして、人や社会に 貢献しているかどうか。

 

子供は感情でしか大人を支配できない。大人になってからも感情を使って人を動かそうとするのは、幼稚である。

 

重要なことは人が何を持って生まれたかではなく、与えられたものをどう使いこなすかである。

 

どうしたらみんなを喜ばすことが出来るかを毎日考えるようにしなさい。そうすれば憂鬱な気持など吹き飛んでしまいます。反対に自分のことばかり考えていたら、どんどん不幸になってしまいます。

 

世話好きな人は、単に優しい人なのではない。相手を自分に依存させ、自分が重要な人物であることを実感したいのだ。

 

どんな能力をもって生まれたかは大した問題ではない。重要なのは、与えられた能力をどう使うかである。

 

勇気とは困難を克服する活力のことだ。勇気のない人が困難に出会うと、人生のダークサイドへと落ちていってしまうだろう。

 

自分だけでなく仲間の利益を大切にすること。受け取るよりも多く相手に与えること。それが幸福になる唯一の道だ。

 

他人からの賞賛や 感謝など求める必要はない。自分は世の中に貢献している という自己満足で十分である。

 

人生には3つの課題がある。1つ目は「仕事の課題」。2つ目は「交友の課題」。3つ目は「愛の課題」である。そして後の方になるほど解決は難しくなる。「愛の課題」とは、異性とのつきあいや夫婦関係のことである。人生で一番困難な課題であるがゆえに、解決できれば深いやすらぎが訪れるだろう。

 

扱いにくい相手とうまく付き合うには相手が何とか自分を優秀に見せようとして躍起になっていることを念頭に置くこと。その観点から相手と付き合ってみなさい。

 

もっとも重要な問いは「どこから」ではなくて「どこへ」である。

 

まず無理だと思ってもやらせてみる。失敗しても「今度は上手くできるはず」と声をかけることが大切。

 

楽観的でありなさい。過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなくいま現在だけを見なさい

 

人は過去に縛られているわけではない。あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。過去の原因は「解説」になっても「解決」にはならないだろう。

 

「信用」するのではなく、「信頼」するのだ。「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じること。裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。

 

できない自分を責めている限り、永遠に幸せにはなれないだろう。今の自分を認める勇気を持つ者だけが、本当に強い人間になれるのだ。

 

「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。「変われない」のではない。「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

 

自分は役立っている」と実感するのに、相手から感謝されることや、ほめられることは不要である。貢献感は「自己満足」でいいのだ。

出典:http://grapefruitmoon.info/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメントを残す