Topics

俺もそうだ!「中年の多くが厨二病」だということに気づいた理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
chunibyo

厨二病(中二病)

厨二病(中二病)とは

元々は「中二ぐらいの思春期の頃の背伸びした行動
14歳前後の多感な時期に発症する、思春期特有の思い込みや、行動・言動、価値観が過剰になった状態。

Wikipediaによると、主に以下の3例のタイプがあるようです。

DQN系

反社会的な行動や不良を演じ、反発することが格好いいと思い込んでいる。
根は真面目であったり、臆病であったりするので本当の不良にはなりきれない。
喧嘩や犯罪行為に対する虚言が多い

サブカル系

流行に流されずマイナー路線を好み他人とは違う特別な存在であろうとする。
別にサブカルが好きなわけではなく他人と違う趣味の自分は格好いいと思い満足している。

邪気眼系

不思議・超自然的な力に憧れ、自分には物の怪に憑かれたことによる発現すると抑えられない隠された力があると思い込み、そのような「凄い力」がある自分を妄想し、悦に入る。また、そういった設定のキャラクター作りをしている。

わたくしの場合、全パターンをバランス良く内包している(^_^;)

厨二病の発症例

自分は特別な存在だと思い込む

詩を書きはじめる

ラーメンの美味い・美味くないを言い出す

母親に「どこ行くの?」と聞かれて、「外」

『わが闘争』とか読み始める

よく理解できなかったカラマーゾフの兄弟を絶賛する

やたらバンドを組みたがる

売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる

マイナーなアーティストを知って音楽通だと思い、得意気になる

自分はやればできると思ってる

好きな女の子の家の近くに行くが何もせずに帰る

大好きな芸能人が自分の事が好きだと妄想する

メディアやインターネットで仕入れた知識を自分の考えであるかのように語る

官公庁の不祥事・インフラの事故などを一見し「我々の税金で~~とはけしからん!」と即断。五輪選手の成績を国費と絡めて叩く傾向もあり

法律の意味もよく分からないけどとりあえずJASRACを批判しておく

政治の事は何もわからないが、とりあえず政治家を罵倒しておく

やれば何でもできるかのような万能感を感じるが、実際に行動に移すことは少ない

「俺って結構完璧主義。半端な奴がいちばん嫌い」と言うが実際は半端どころか何もしていない

様々なものを批判しはじめる一方、ある種カルト的なものを崇拝する

目上に対してのタメ口がカッコイイと思い込む

社会の勉強をある程度して、歴史に詳しくなると「アメリカって汚いよな」と言い出す

自分に自信が無いので「他人とは違う趣味を持っている」ということで無意味なキャラ作りをする

反社会的な行動や不良を演じる。根はまじめだったり臆病だったりするので、本当の不良には成りきれない。喧嘩や犯罪行為に対する虚言が多い

流行に流されずマイナー路線を好み、他人とは違う特別な存在であろうとする。別にサブカルが好きなわけではなく、他人と違う趣味の自分は格好いいと思い込んでいる

不思議な・超自然的な力に憧れ、自分には物の怪に憑かれたことによる、発現すると抑えられない隠された力があると思い込み、そういった設定のキャラ作りをしている

風呂場で髪を洗っている時、とりあえずリーゼントになった自分を見てみる

多重人格を演じる

皆が使っている製品(車時計バッグなど)は使いたくない

人には明かせない、暗い過去がある

自分には何かすごい潜在能力があると信じている

やたらと後輩の教室に行きたがる

先生に逆らうのが格好いいと勘違いしている

他人の考えや意見を聞かない

本当の親友探しを始めたりする

彼女との年齢差は何歳までか熱論になる

行き場の無いエロを筋肉トレーニングに費やす

自分の家族を友達に見られたくない

目が前髪で軽く隠れて格好いいと思っちゃう

包帯はカッコいい。なんか力を秘めている感じがする

普段はおとなしいが、キレると超強くなる妄想

夜になると意味が無いのにベランダに出て外の景色を眺めだす

刃物、銃が大好き

服は全身黒

修学旅行で、使いもしない木刀を購入

自転車の乗り方に無駄なアクションが入る

夜に外に出る

用もないのにコンビニに行きたがる

DoCoMoを無根拠に嫌う

世の中にはクズばかり

自分は他の奴とは違う

ジジイになるまで長生きしたくないって言う

サラリーマンにだけはなりたくねーよなぁ

社会人なんか会社奴隷だ

因数分解が何の役に立つんだよ

おまえ、○○もしらないの?

僕は僕で誰かじゃない

所詮おまえら低能な人間どもには高貴な俺の思考は理解できんのだよ

知った言葉をすぐ使う

一瞬うつろな目になって、「あ………いや、なんでもない…」とあたかも幽霊が見えたかのように振るまう

こういう症例を読んで、全然あてはまんねーよとイライラする

出典:【これはイタい】中二病の症例まとめ

恥ずかしいくらい、相当数あてはまる。
慢性化して、いまだ中年厨二病のようです。

でも、こういう人って、中年〜壮年、あるいは老年にも多い気がします。
特にSNSという自分放送局メディアがある時代。
現代の大人の多くは、いまだ厨二病からぬけていない。もしくは中年思春期に再発してしまっているのではないでしょうか。

治療(ニコニコ大百科より)

外科的治療、薬物療法は適応ではない。
ほとんどは自然治癒するが、中二病をこじらせた場合は高校を卒業しても完治せず慢性化した場合、カウンセリングによる治療を行う。

慢性化した中二病の場合、自らに対する万能感理想の自分像として具体化している場合が多く(通常は社会や他者との関わりの中で理想と現実の溝を埋めることで自然治癒していく)、急に現実を見せ付けるのは危険である。
理想の自分を守るためにヒステリーを起こし、最悪の場合社会との関わりを絶つ可能性があるため、徐々に自分で気付かせるように心がける。

出典:ニコニコ大百科

自分で気づいたとしても、完治したとはかぎらないが、認識しての行動であれば問題ないでしょう(^_^;)

自分を活性化するためのポジティブアピールが、わまりに悪い影響を与えているという事例はよくありますが、まさか自分にも、厨二病再発という形で、悪い影響をあたえていたとは!
という驚きはありますが、よい影響のほうが多いため、そのまま続行するのもよいでしょう。

しかしながら、バランスを考えて。

PR Amazon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す